負担を軽減する

healthy

車椅子の方は出かける時も大変

最近、どこの駐車場でも身障者、つまり車椅子の方の駐車スペースが存在し、身障者の方の負担を減らしている。行政の建物やお店などでも目の前に駐車場のスペースがあり、色分けして身障者の方や周りの方が気がつきやすいようにしている。しかし、そんな身障者に優しいはずの社会になりつつある世の中でも、まだまだ、解消しなければいけない問題は山ほどある。例えば、身障者専用の駐車場に車を平気で置くドライバーや身障者のステッカーを非公式で手に入れ、車につけている悪質なケースもある。しかし、一番の問題となっているのは、身障者の方が車から降りた後にある階段などの段差の問題である。この段差の問題は、未だに様々な場所で障害となっている。

車椅子に強い味方の段差解消機

前述でも述べたように、車椅子の方が抱えている問題は意外と根が深いものがあり、公共機関などの施設でも未だに階段などの段差が存在する。そんな中で強い味方になってくれるのが、段差解消機の存在である。この段差解消機は普及し始めているもののまだまだな地域もある。しかし、この段差解消機によって車椅子の方は大変助かり、買い物や日常生活を楽しむ事ができているのである。しかし、ある店舗などでは金銭的に予算が、というところもあるかもしれない。そういう場合にこそこの段差解消機はプラスに働くのである。なぜかというと、この段差解消機を据え付ける側にとってのメリットは、スロープなどのコンクリート工事が必要なくなり予算を大幅に削減できるところにあり、お店であれば車椅子のお客を逃す事無く営業する事ができるからだ。では、お店の方で考え中の方は是非考慮し、少ない投資で利益を上げるようにしてみてはどうだろうか。