操作も楽にできる

healthy

段差解消機は狭いスペースでも段差をなくせる機器です。

段差解消機は、車いすの利用者がスムーズに住宅に入れるよう、外部と内部の段差を埋めるための機器です。段差解消機が登場する以前は、車いすの利用者が段差のある住宅に入るときには、一旦車いすから降りて車いすとは別々に上がる必要がありました。 車いすの利用者が車いすに乗ったまま住宅に上がれるようにするために、段差を埋めるスロープが開発されました。スロープは緩やかな傾斜となっており、本人にも介助者にも負担が少なく設計されています。 傾斜の緩やかなスロープを設置するためには広大なスペースが必要となります。狭いスペースでも段差を解消できないかと考えられたのが、段差解消機です。これはエレベーター状の機器で、スロープと同じく車いすに乗ったまま利用できます。

様々な種類があり状況に応じて選べます。

段差解消機には様々な種類があり、状況に応じて選択できます。 電動式のものはスイッチ一つで昇降するので、必ずしも介助は必要とはなりません。一方、手動式のものは電動式に比べて安価という利点はありますがハンドルやペダルによって昇降を行うので、介助が必要となります。 あるいは、設置式のものと移動式のものに分類することもできます。設置式はその場所限りで固定して利用します。移動式は折りたたむなどして持ち運びが可能となっていて、場所を問わずに利用できます。 段差をなくすために大規模な改修を行うよりも、段差解消機を利用する方が経済的な負担も少なくて済みます。高齢化社会となった現代では、段差解消機の需要がますます高まっていくことでしょう。